▶新詩集『白であるから』(七月堂)出版

 

 

 

 

 

この春、7年ぶりに新詩集を出版しました。

第四詩集『白であるから』(七月堂 税込み価格 1,620円)

 

 世界の美しさをそっと掬い上げた一篇一篇です。

手に取って頂けましたら幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

▶【七月堂HP】(※送料無料でお買い求め頂けます)

https://t.co/4DnZFpfpNv?ssr=true

 

▶【amazon】

https://www.amazon.co.jp/dp/4879443662/ref=cm_sw_r_oth_api_i_vivTCbKXKYPEZ

 

▶【honto】

https://honto.jp/netstore/pd-book_29616725.html

 

▶【楽天ブックス】

https://books.rakuten.co.jp/rb/15879449/

 

▶【hmv books】

https://www.hmv.co.jp/artist_%E7%A5%9E%E6%B3%89%E8%96%AB_000000000796977/

 

▶【セブンネット】

https://7net.omni7.jp/detail/1106982375

 

▶【紀伊国屋書店】

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784879443663

 

 

 

 

 

▶調布FMラジオ番組「VΘEME! 現代の詩の聲とコトバを聴く VΘEME」

  2019/3/27放送分アーカイブにて、『白であるから』より、詩の朗読をお聴き頂けます。

  詩作品「薔薇色の額に口づけを」「聖なる洗濯物」「旅」「Mに」「喜びをこそ」の5篇です。

  ぜひお聴きください。

 


▶調布FMラジオ番組「神泉薫のことばの扉」2017.7~2018.6 放送

 

詩人、神泉薫がお贈りする「ことばの扉」。

 

文学の世界をそっと味わってみませんか?

ひとりひとりの心の中にことばの花が香りますように。

 

与謝野晶子、中原中也、北原白秋、左川ちか…。

時代を耕した詩人、作家たちの文学作品に触れ、ひとりの人間として味わい深く生きた文学者たちのあたたかな体温を、作品とエピソードで語ります。

 

▶ 過去放送分アーカイブ、YouTubeよりお聴き頂けます。

 

「神泉薫のことばの扉」Facebookページをつくりました。番組の予告、取り上げた書物など、ご紹介しています。

 


[調布FM聴取方法]

 

調布FM「神泉薫のことばの扉」

 

2017年7月~9月 毎週木曜日 22:45~23:00

2017年10月~2018年6月  毎週土曜日 19:15~19:30

 

リッスンラジオをダウンロードし、調布FMを選択

調布FMサイト

 

▶︎神泉  薫 おすすめのアーカイブです。ふらりと文学の扉を開いてみませんか?  

 

詩人 中原中也

第1回放送

中原中也の詩

「夏の日の歌」

さわやかな季節の燃焼を高らかにうたいます。青春の光と影を感じる一篇です。中也の日記に発想を得た神泉の詩もお届けします。

 

詩人 アルチュール・ランボー

第15回放送

アルチュール・ランボー

中原中也訳「永遠」「わが放浪」

彗星のように現れた、フランスの天才詩人ランボー。日本のランボーと呼ばれた中也訳でお届けします。中也節が光ります。

詩人 左川ちか

第18回放送

左川ちかの詩

「プロムナアド」「遅いあつまり」「花」

昭和初期に活躍した知る人ぞ知るモダニズムの詩人、ちか。万華鏡のようにキラキラ光ることばのきらめきが魅力的です。

詩人・歌人 与謝野晶子 

第2回放送

与謝野晶子の詩

「歌はどうして作る」「机によりて」

情熱的な短歌で知られる晶子。詩にもパッションが感じられます。晶子の詩に発想を得た神泉の詩もお届けします。

 

詩人・作家 北原白秋

第22回放送

北原白秋のエッセイ

「ほう、ぽんぽん」

歌人、若山牧水との温かな交流を描いたエッセイ。2人は、早稲田大学の同級生でした。牧水のユーモラスな姿が目に浮かびます。

 

歌人 若山牧水

第21回放送

若山牧水の詩

「空想と願望」

生涯、旅と酒を愛した牧水。親しみやすい、ひょうひょうとした歩行のリズムが感じられる愛おしい詩です。